HAVE A BREAK

休憩がてらに色んなことちょこちょこ書いていきます。

わがままに似た想いやり

 

 

デザイナーとして活動を始めると

 

 

「相手の叶えたいイメージを形にする」

 

 

っていうことを

必ずしないといけないんやけど、

 

 

そういうのは経験や自分の知識がものを言うわけですよ。

 

 

だからこそいろんなポートフォリオを見まくるし、

いろんなデザイナーさんのサイトやレイアウトを

自分の知識として集約するのが

絶対に必要になってくるわけです。

 

 

でも、そういう知識を集約してきて思うことは

 

 

最終的にそれは自分のわがままになるということです。

 

 

知識を集約してアウトプットしたのは僕だし、

その感覚がクライアントの叶えたいイメージとあっているかどうかは

正直わからない。

 

 

わがまま。

 

 

自己満。

 

 

そう言われても仕方のないことなんですよね。

 

 

だからこそ、僕は

会ってくれない方の依頼は基本的にお断りしてるんですよね。

 

 

そういうのって何度も会って

意見交換し合って、何度も何度も修正を加えて

お客さんの要望にできるだけ近づける。

 

 

人それぞれ感性は違う。

 

 

生まれや家族構成、性別年齢...etc

 

 

1つでも違うと微妙にずれてきたりする。

 

 

だからこそ会う。

 

 

そうでもしないと絶対にうまくいかない。

 

 

だから無理にでも日程を調整してもらって会う。

 

 

できれば何度も。

 

 

その方が完成度の高い、

というよりか喜んでもらえる。

 

 

デザイナーとしてもできるだけ

(お客さんにとって)質の高いものを届けたい。

 

 

【わがままに似た想いやり】

 

 

そういうのが僕にとってのデザイナー像に

なりつつあります。